• プロフィール

    どぼん会

    Author:どぼん会

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/01/26(Tue)

減量

パイロットのパフォーマンスの指標となるパワーウェイトレシオ(出力体重比)

当たり前ですがパワーは大きく、体重は小さくすることで値は大きくなります
個人的にはパワーウェイトレシオが同じなら体重が大きいほうがパイロットとして優れていると思います。
上限はありそうですが、要は無駄なぜい肉は落とせってことで

最終的に体重は摂取カロリー対消費カロリーで決まるので
練習と栄養管理が大切になります


で、今月から本格的に減量に入り
最近はこんな食生活。ほぼ毎日こんな
100126_00

ササミと玄米最高です!使った調味料は塩少々のみ
ボクは好き嫌いが無いし、毎日同じものを食べても全く飽きずに美味しく食べれます

そして、こんな食生活にも燃えるような充実感があります

唐揚げ、菓子パン、洋菓子をはじめとした脂質豊富なものは全く口にしません。
むしろ食べることに苦痛を感じると思います。当然ながら禁酒しています。




今月は実走でも既に1000km以上走りました
冬でも心は熱いので、寒さは感じません
卒研があっても関係ありません


おかげで一度引退して増えた体重(ピークは+10kg)も減ってきました

100126_01

あと5kgは落とせそうです
まだまだお腹まわりに贅肉がついています


100126_02

写真で見ると太く見えるキャシャな脚
でもさら脚なら瞬間的に1000W以上出ます



パイロットはパフォーマンスのピークを鳥コンに合わせますが
先ずは試験飛行に合わせて仕上げます

体重は

4月までにあと2.5kg落とし

7月までにさらに2.5kg落とします

琵琶湖には他を寄せ付けぬ圧倒的なパワーウエイトレシオで臨みます


by デイル







Home | Category : パイロット |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/12/16(Wed)

サイクルモード

ほとんどドボン会と関係ありませんがパイロットは
先週末に幕張メッセで開催されていた「サイクルモード」に行ってきました。
http://www.cyclemode.net/

091215_01

写真の真ん中左のナイスガイは2008年鳥コンでライバルだった
WASAのパイロットです。2008年世代で最強の男ではないかと思います。

いや、最強は俺かな(負けず嫌い、笑

琵琶湖で戦ったライバルは今は親友です
彼は今やアマチュアトップクラスの自転車選手になっています


写真の両端の女性は僕らの彼女










ではなく、キャンペーンのモデルさんだと思います




091215_02

で、リカンベント自転車を人力飛行機の参考に見学してみる
写真のサドルの座面とBBの角度は自分が考えていた新機体用新型サドルの
イメージと重なるものだった。これで自信を持てた。
理想とするペダリングフォームが実現できそう


091215_03

某展示ブースのイベントでローラ台+コンピュータシミュレータの
1kmタイムトライアル大会があったので急きょ参加してきました。

お互いビンディングシューズなんて用意していませんでしたが

2人で入賞しました。

写真はさっきのナイスガイがトライアルしているところ

自分はまさかのトップタイムを出すことができました!

しかし、オリンピック選手が出した前日のトップタイムには負けてしまいました。

まだまだ頑張ります!




by パイロットD

Home | Category : パイロット |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0
2009/11/12(Thu)

不動峠TT 12分6秒

日曜日に自転車レースがあるので、それに合わせ
練習用の重くて空気抵抗の大きいホイールから
決戦用ホイールに交換(6月以来)

どちらも自分が組んだものです
人力飛行機がそうであるように
自らが作ったものに命をあずけるのは感動ですね

ホイールの特性をしるため、今のパフォーマンスを見るため
ホームグラウンドの不動峠へ
もう何百回登ったことでしょう

パワータップではなくi-bikeでパワー計測
ちゃんと調整すれば登りでの値はパワータップとほぼ変わらないですね

序盤は350Wで入る このまま持つわけもなく
中盤で垂れて
終盤で巻き返して
最後の斜度10%の区間は時速20km、400Wでもがく

12分6秒 Avg309W 自己ベスト!

レース前に下りの感触も確かめてから臨みます
春までに12分を破ります!

Home | Category : パイロット |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/10/28(Wed)

FTPを考える

パイロット関係者じゃないと読まなそうな内容ですが。。


メディオやソリア(詳しくは今月のfunride)の強度を決める際に
自分のFTP(Functional Threshold Power)を正確に知ることは大切だと思う

FTPは強度的にはLTやATのパワーと同等

自分の場合は研究室の機械とパワータップをつかいローラー台で負荷をかけ
血中乳酸と呼気ガスを計測して求めることもできるのだが
やろうと思っていても面倒なのでやってない(11月中にやるつもり)

なので今はトレーニングデータなどで簡易的に求めてる(20分TTとかが一般的?)

で、コンディションが良い時にTTして30分以上維持できている負荷は290W これがFTP?

しかし、限界ギリギリというか、自分の中のLTのイメージよりかなり負荷が高い
文字通り吐くまで追い込んで出たパワーだから

これを基準にするとメディオ強度的には261~290W、ソリアなら290~377W

一方、なんとか延々続けられそうな負荷が主観的には250Wくらいだと思う
もちろん楽々ではない

メディオを250Wにしていたのはそんな理由

でも、250Wだと若干物足りない気がしてきたので

最近は261~290Wで試行中

人間は身体の反応を鋭く感じとれると思う
自分もコンディションやパフォーマンスの変化がわかるつもり
それを感じとって自分で考えながらやらないと本当には強くならない


でも、FTPちゃんと測るべきだと思う!



余談だけど
参考に国内トップアマチュア(自転車競技ロード)のFTPは
イナーメ・アイランド信濃山形 高岡亮寛さんが310W(ブログより、体重は60kgほど)
東京大学自転車部競技班  西園良太さんが321W(バイクラ7月号より、体重は?)

どちらもインカレを制した方です。雲の上の存在だ
高岡さんは体重が近いのでとても参考になります。
西園さんは体重とても軽そうです。おそろしいパワーウェイトレシオになりそう

世界トッププロだと400Wを超えるそうですね

Home | Category : パイロット |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/10/19(Mon)

トレーニング10/16~19

10/16
3本ローラー 
回復走 36min Avg105W
途中、気まぐれに片足ペダリング
回復走は基本暇なので「紅の豚」を見ながら漕いだ(笑
小屋でエンジンの試験をするシーン、あれはパイロットのあこがれだと思う。

10/17
実走
○メディオ 250W狙い 15min 不動~風返し峠
1本目258W
2本目254W
3本目261W

風返し峠で気まぐれに片足ペダリング
他は200~220Wくらいでのんびりとつつじヶ丘まで
いい景色だった。満足

10/18
帰宅したら0時30分、ローラーも不味い時間

10/19
固定ローラー(実走出来ず
100W 10min
250Wまで15min漸増負荷

○メディオ 250W狙いレストは5min
1本目257W 10min
2本目245W 10min
実走の方が負荷をかけやすいと思う。心理的要因?
風や重力と戦ってこそ鳥人間、ということにした。

200Wから徐々にテキトーな感じで100Wまで落として終了 


-追伸-
今月の「funride」(自転車雑誌)はとてもトレーニングの参考になる内容
書店には明日並ぶのかな。
練習量増やさねば、と思わされた。院試終わったら。。
Home | Category : パイロット |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。