• プロフィール

    どぼん会

    Author:どぼん会

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/08/09(Tue)

プロペラの作り方。

考えてみれば、機体の作り方についてあまりアップしていない・・・と思いまして。

ということで、第一弾は「プロペラ」について。
今後「翼」「電装」「コクピット周り」「フェアリング」などについて書こうかと思いますが・・・力尽きると思いますので、知りたい方がいましたら要望をコメント欄にでもよろしくお願いします。

ではスタート。

1、ペラを設計して、メス型3Dデータを作ります。で、ツールパスデータも。
p0.jpg

2、ケミカルウッドを購入し、CNCにセットします。今回は「http://www.minaro.com/wood/」で購入。カットも面倒なのでお願いします。使ったのはこれ「http://www.c-wood.com/SHOP/SS1500500100.html」
耐熱温度が低いですが、100度でも大丈夫みたいです。
p1.jpg

3、削ります。はじめに荒削り(等高線加工)
p2.jpg
p3.jpg
p4.jpg
p5.jpg
p6.jpg

4、仕上げ(等ピッチ加工)。トータル24時間ほどで型の切削は終了です。
p7.jpg
p8.jpg

5、メス型の完成
p9.jpg
p10.jpg

6、型の表面処理。目止めのために2液ウレタンプラサフを吹きます。
p11.jpg

7、微調整。
p12.jpg

8、1時間ほどがんばってつるつるにした後、ケムリース(GHクラフトより購入)で離型処理。
p13.jpg

9、上下面の型完成。
p14.jpg

10、サンドイッチ材の切り出し。今回は1mm厚バルサを使いました。お金と時間があるならロハセルとかの方が良いです。バルサの場合、プリプレグの樹脂を吸いすぎて微妙です。
p15.jpg

11、プリプレグの積層開始。今回は諸事情により表面-マイクログラス>3K平織りカーボン>バルサ>3K平織りカーボンな構成です。表面のマイクログラスはピンホール削減のためです。
p16.jpg

12、真空引き。
p17.jpg

13、炉に放り込む。パソコンでヒートガン*2を制御しています。設定した温度プロファイル通りに加熱して行きます。
p18.jpg

14、外皮完成。
p19.jpg

15、桁とリブを配置します。リブは端はカーボン、中間は航空ベニアです。桁は写真のカーボンリブまでです。
先端のリブは無くしました。着水しても外皮は無傷でしたw 桁は根元で折れましたが。
p20.jpg

16、上下面外皮をカップリング。缶入りEセット(エポキシ接着剤)でくっつけます。Eセットは缶入りを使いましょう。チューブ入りは良くないです。接着剤はいろいろ試しましたが(ブレニーとかw)缶入りEセットが一番良いと思います。
手元に写真が無いのですいません。

17、塗装。下地はウレタンプラサフ。上は過去の塗装の話を見てください。

という感じでペラを作りました。型についてですが、やはり今回のケミカルウッドでは2枚が限界みたいです。予算と時間の都合でこのケミカルウッドを使いましたが、プリプレグレイアップ用のがあるのでそれを使うと間違いないです。
CNCで作っただけあって、パテ無しで奇麗な仕上がりとなりました。
以上。

by KORO




スポンサーサイト
Home | Category : プロペラ |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    電装見てみたいです!

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。