• プロフィール

    どぼん会

    Author:どぼん会

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/11/23(Mon)

見た目からのアプローチ

今回は性能にはたいして関係のない部分のお話。

機体が出来るとスピナーやらフィレットやらを作りたくなるものですが、
発泡材そのままだと単なる有害効力の発生源で「付けない方がマシ」と怒られます。
第一、発泡材削りっぱなしだと見た目だって大してよろしくありません。
よって、何らかの方法で表面をコートする必要があります。

このような用途には一般的にはフィルムが用いられるようですが、
それなりに技術が要求される上曲率の大きな三次元曲面には綺麗に貼るのが難しい、
フィルムをどう分割する考えるのがめんどくさい、失敗すると財布への打撃が大きい事などなど。

そんな悩みをお持ちの貴方に今回ご紹介するのがこちら。
tailcone
画質が最悪ですが、携帯カメラの画像2点しか手元になかったので勘弁を。

画像は以前製作したテスト用のテールコーン。
エスレンフォームの表面に樹脂コーティングを施したものです。
気になる重量はコートの厚さ次第ですが、ざっとオラカバ程度?といったところ。

フィルムと違い時間さえかけられれば誰でも綺麗に作れる事、
重量増を許容すればパテを盛って形状の修正が行える事がメリットになります。


ぼちぼち製作に入り次第手順を載せていきたいと思います。
フィルム張りが綺麗に出来ない方、試してみるのはいかがでしょうか。

by U
スポンサーサイト
Home | Category : フェアリング |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。