• プロフィール

    どぼん会

    Author:どぼん会

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/08/29(Mon)

ペラ桁。

質問を頂きましたので。
参考になればと思います。

こうなってます。
sl1.jpg
sl2.jpg
sl5.jpg
sl3.jpg
sl4.jpg

根元から60mmまでジュラルミンスリーブが入ります。入るところはテーパカーボン桁なので、ストレート加工をしています。桁根元の直径は14mm,肉厚2mmです。スリーブは外径18mmで、肉厚2mmです。
カーボン桁は細い方だと思います。
この辺はいろいろな考え方があると思います。

→桁径小 メリット:翼型をあまりいじらなくていいので効率の低下をある程度押さえられる。
          ハブ周りがコンパクトになるのである程度軽く作れる。
      デメリット:桁の重量が。

→桁径大 メリット:軽い 
      デメリット:桁が入るように翼型をいじる必要あり。効率の低下を招く。
           ハブ周りが大きくなる。金属パーツの場合、設計を工夫しないと重量の増加を招く。
           (ペラ桁の重量増加とのトレードオフ)

今回は前者の桁径小の方が良いかなと思いまして。
もっと細かいデータ(積層構成とか)が必要でしたらメールかコメント欄で連絡ください。

by KORO
スポンサーサイト
Home | Category : 全般 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。